top

new

bio

YouTube

contact

世界の写真家達
トップ> 世界の写真家達> F・タルボット
William Henry Fox Talbot / England

William Henry Fox Talbot(1800〜1877)
フォックス・タルボット(ウイリアム・ヘンリー・フォックス・トールボット)

 ウイリアム・ヘンリー・フォックス・トールボット。イギリスの貴族で科学者でもあったタルボットは紙に写真画像を定着させる事に成功した。この発明の発表がダゲールに遅れること、2週間ほどであったため、一般的に写真の創始者としての称号をダゲールに譲ることとなってしまった。発明が発表されたのは1839年1月25日、英国王立科学院である。

 タルボットの発明は「カロタイプ」と呼ばれ、ネガを作成することにより同一の写真を何枚でも作成することができた。その意味では現在のアナログ写真を考える上で、タルボットの「カロタイプ」が現在の写真の元となったと考えても良いのではないでしょうか。

 1844年には世界最古の写真集「自然の鉛筆」を出版。現在でも時おり、その写真展を見ることが出来ます。

 ※写真は写大ギャラリー写真展覧会案内状より