top

new

bio

YouTube

contact

YVES KLEIN イヴ・クライン(イブ・クライン) April 28, 1928 :Born in Nice.
Death by myocardial infarction at 34 years old in 1962.

 1928〜1962 1928年4月29日フランスのニース生まれ。心筋梗塞により1962年34歳の若さで死去。
 1947・8年頃よりモノクロームによる着想が始まり、中でもIKB(インターナショナル・クライン・ブルー)が有名。
 若い頃生まれ故郷のニースで入会した薔薇十次会の宇宙論の影響を受ける。1952〜54年・日本に滞在した折、力士の手形や魚拓・柔道・ヒロシマの原爆に大きなイメージを受け、後の作品「人体測定プリント」へと至る。
 1961年より「火の絵画」を制作。パネルに顔料をのせガスバーナーで火を吹きつけ、火の焦跡を発色させる。
 1962年ドイツ人のロトラウト・ユッカーと結婚。同年6月6日死去。同年8月息子・イヴがパリで生まれる。

ヴァンパイア
火の海(1962)
モノクローム絵画(赤)
(1956)
青いビーナス(1970)
モノクローム絵画(オレンジ)
(1956)
人体測定(1960)
海綿レリーフ(1958)